2021年1月31日日曜日

Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 AsphericalVM

  

 久しぶりにレンズを買って、久しぶりの雪の日の撮影である。

 フォクトレンダー史上最高の標準レンズの力を見せてもらおうか。


 いきなり木を取り始める39歳中年男性の一日の始まりまじまり。言っていて、頭がいたくなってきたよ。

   LeicaM10P+APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM



 あーうん、なるほど、こういう絵か。
 周辺は落ちるね。

   LeicaM10P+APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM



 解像感が高い。それでいて味があるというコメントがあるけれど、たしかにそのとおり。
 周辺が落ちる。落ちる。

   LeicaM10P+APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM



 室外機の水蒸気までしっかりシリアスに写す。これで廃墟とか撮ったら、楽しいかも。
 開放でとっているので、絞った絵がないんだよね。
 でも、開放から中央はばっしと解像している。

   LeicaM10P+APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM



 お寺の広い屋根は雪を受け止めやすい。
 おっぱいのようなものか。

   LeicaM10P+APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM



 比較にはならないのだが、なんとなく28mmで撮る。

   LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 だいたい、28mm+50mmを組み合わせることが多い。
 エルマリート28mmは軽くて、ガチガチに解像するので好み。

   LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 小さくても氷柱。
 毎年、雪国でこれが脳天直撃して死ぬ人が出るそうなんだが、本当なんだろうか。
 これを銀竹って呼んだ昔の人はセンスを誇っていい。

   LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.




 雪の日のあるある。
 この後、全部消えてしまったけれども。
 ちなみに雪だるまが溶けて消えるのを冬に帰ったと表現し、誰かに潰されてしまうのをお亡くなりになったと言う。
 死んだというにも随分といろいろな表現があったものだと関心したものである。

   LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.




 空港はさすがに雪が積もっていない。天田中尉のしごとはない。

   LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 50mmで撮りました。全開放で撮ると周辺がかなり減光する。
 カメラ側の補正で補ったり、こういうものだと諦めたり、でも描写の解像感はお値段以上にあるんじゃない。
 ズミルックス50mmのような透明感ではなく、Cゾナーのようなコッテリ派手系でもなく、味のある高い解像感がある。

   LeicaM10P+APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM



 ちなみに、F4まで絞ると減光はこれぐらい減る。

   LeicaM10P+APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM




 クロックアップするとこうなります。
 うん、人が写ってたのね。気づかなかったわ。

   LeicaM10P+APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM



 雪がとけていくので、このあたりで撤収する。

   LeicaM10P+APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM



 今日はこんなところで


2020年11月15日日曜日

紅葉への道


代休消化のために平日に休んで紅葉を見に行く。

香嵐渓は今が見頃だという。


LeicaM10P+C Sonnar T*1.5/50 ZM


なるほど、たしかにそうかもしれない。

LeicaM10P+C Sonnar T*1.5/50 ZM




ただ、ひたすらに紅い

LeicaM10P+C Sonnar T*1.5/50 ZM




実は黄色もあるのだ。

LeicaM10P+C Sonnar T*1.5/50 ZM



そのあと、日暮れまで走って凍えながら家に帰りましたとさ。

LeicaM10P+C Sonnar T*1.5/50 ZM


今日はこんなところで





2020年9月26日土曜日

9月への道


 9月への道

 今年も残すところ、あと2ヶ月であります。

 久しぶりに名駅周辺を歩いた。


 大名古屋ビルヂングの5F



 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 名駅周辺もけっこう変わっていた。


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 おじそうさん
 こういうのにあまりむやみに手を合わせると霊を引き寄せることになるというのは本当だろうか?


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 置き去りにされたものへ


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.




 丸一ストアーの変わらないままの姿は実家のような安心感がある。


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.




 思えば、遠くに来たものだ。


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 この手の古いアパートも、リニア新幹線が来たらなくなってしまうのだろうか。
 割とどっこい生き残りそうだが。


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 市場は閉店です。
 公設市場がなくなっていたよ。


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 なんとかバルってのが一時期流行ったが、最近は落ち着いていると思う。
 未だに落ち着かないのはアパートの横文字で、アソシエイトとか、クリエイトか、アーウィンとか、ただのアパートに何をやっているのだという気分にさせてくれる。


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.




  モード学園のビルはいつ見ても謎だ。


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 西口へ行こうと思う。


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.




 最近、餃子屋が増えた気がするのだが、気のせいか?


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 熱帯夜は遠くなりにけり。


 LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 今日はこんなところで



2020年1月13日月曜日

謹賀新年への道

 
 もう正月という気分ではないけれど。

 あけましておめでとうございます。
 
   LeicaM10P+ 50mm / f1.1




 ねこっちゃがいた。

   LeicaM10P+ 50mm / f1.1




 波が荒い。魚が海から打ち上げられてくる。
 これが本当のお年玉か。

   LeicaM10P+ 50mm / f1.1




 今日の写真

   LeicaM10P+ 50mm / f1.1



 寒いわ。

   LeicaM10P+ 50mm / f1.1



 今日はこんなところで




2019年11月10日日曜日

ブルーインパルスへの道



 土曜に小牧へブルーインパルスが来くるそうだ。
 見に行こう。

 あの遠くに見える青と白の飛行機が件のブルーインパルスである。
 小牧飛行場は60周年とのこと。
 周年イベントで来ているので、毎年来るわけではない。
  

   LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 これは空中給油機だ。
 ちなみに日本には4機しかない。結構、レアな飛行機。
 整備の都合で動いているのは1~2機しかない。ちなみに航空自衛隊の戦闘機は340機ぐらいあるから、ないよりはマシなレベルでしかいない。
 というか、全然足りない。
 ガス欠で飛べない飛行機が多量発生不可避である。
 やっぱり、自衛隊は平和な国の平和な軍隊だよね。


   LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 とても未来な飛行機のC-2
 ちょっとSFじみたデザインがかっこいいよね。


   LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.



 
 もうちょっと近寄って、めいいっぱい腕を上げて撮ってみた。


   LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.




 今年退役するF-4ファントムⅡ
 この機の整備は、整備でなくもはや老人介護レベルらしいが、ようやく退役させられてほっとした人も多いのではなかろうか。


   LeicaM10P+ELMARIT-M F2.8/28mm ASPH.


 今日はこんなところで




2019年10月27日日曜日

エンジョイライダースミーティング への道


 関西のビッグイベント、エンジョイライダースミーティング へ遠征してきた。
 往復400kmぐらいかな。
 近所だ。近所ってことにしておこう。

 
   LeicaM10P+Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



 モリワキのカスタムCBR
 こういう透明じゃない風貌もいいよね。

   LeicaM10P+Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



 カタナ用チタンマフラー
 すんごいキレイだが、カスタムの順番としては後の方かな・・・

   LeicaM10P+Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



 
 関西のイベントだけあって、空間を飛び交う言葉がなべて関西弁だった。
 外国にいるような気分になる。

   LeicaM10P+Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



 
 2りんかんは、私の地元にもある。
 どうやら本拠地は関西のようだ。さらにRSタイチがコンビで開催しているとのこと。
 RSタイチも大阪の企業だったのだ。
 知らなかった。
 
   LeicaM10P+Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



 アグラスの新型カタナ。
 この前のカタナミーティングでも見たな。
 あの変態的な造形のセパハンはやはりどうかと思う。

   LeicaM10P+Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



 やはり、本命はこれであろう。
 ハリケーンの専用コンドルハンドル。
 完成したのは昨日とのこと。土曜日出勤して完成させたと言っていた。
 近いうちに発売。
 出たら必ず買います。
 フルロックさせても、ぎりぎりタンクに当たらない。適度にコンパクトで、姿勢も前傾になるので、走るぞって気分にさせてくれる。

   LeicaM10P+Summilux 50mm/f1.4 ASPH.




 会場となったのはダムのふもとにある道の駅スプリングスひよしである。
 関西ではけっこう、有名な道の駅とのこと。
 温泉もあり、プールもあり、レストランもあり。
 豪華な道の駅もあったものである。

   LeicaM10P+Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



 ロングでこんな感じ。
 バイクで渋滞がおきるなんて初めて見たよ。

   LeicaM10P+Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



 帰りに雨にふられた。
 ちょっと油断していた。寒い。

   LeicaM10P+Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



 今日はこんなところで。